ヴィ・リールは兵庫県尼崎市にある、障害者・介助者の支援センターです

メニュー
閉じる

事業内容

ヴィ・リール生活支援センター
(居宅介護・重度訪問介護・行動援護・移動支援)

居宅介護

身体介護

居宅において入浴、排泄及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言その他の生活全般にわたる援助を行います。

家事援助

日常生活に支障が生じないようにお掃除や洗濯、調理といった日常の家事全般にわたり援助を行います。

通院等介助

通院介助サービスは、本人に付き添い通院や入院・退院などのお手伝いをするサービスです。病院までの行き帰りや、院内での歩行介助のほか、受診や検査の付き添いも行い、ご家族に詳細を報告してより安心な通院をサポートします。

重度訪問介護

重度の肢体不自由者又は重度の知的障害若しくは精神障害により行動上著しい困難を有する障害者であって常時、介護を要するものにつき、居宅において入浴、排泄及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言その他の生活全般にわたる援助を行います。

行動援護

日常生活を送る上で生じ得る危険を回避するために必要な介護を提供するサービス。移動支援と支援内容は同様に四季を一緒に感じ共に楽しめる様に行き先等、本人と相談しながら外出しています。

移動支援

ひとりでは外出困難な障害者の方が、社会生活上必要不可欠な外出及び余暇活動や社会参加のための外出に必要な移動の介助及び外出に伴って必要となる介護を提供するサービスです。四季を一緒に感じ共に楽しめる様に行き先等、本人と相談しながら外出しています。


黒豆収穫!

散策〜

お問合せ

本人・家族の思いによりそう支援を第一に、障害があっても地域で安心して暮らしていけるよう支援させていただきます。まずはお問合せください。
また、一緒に働いてくれる方も募集しています。お気軽にご連絡ください!


一緒に働いてくれるヘルパーさん募集中!
詳しくは求人案内まで!

連絡先 〒661-0043
兵庫県尼崎市武庫元町2丁目14番3号
TEL:06-6436-0402 FAX:06-6436-0432
ヴィ・リール生活支援センター伊丹
(単独型短期入所・日中一時支援)

サービスについて

ご家族(ご自宅)から離れて、泊りまたは日中の時間帯(泊りなし)に一時的にご利用いただけます。1日3〜5人のご利用で、ゆったりと安心してすごしていただけます。

ご利用について

① ご本人が、日常の生活から少し離れてすごしたいと「希望」されたとき
② 将来ご家族から離れて生活するための「体験」として
③ ご家族のやむを得ない事情(病気や冠婚葬祭等)でご本人が「自宅ですごせない」とき
④ ご家族が心身を「リフレッシュ」するため 等々
*利用される理由は様々です。基本的に理由は問いません。

ご利用方法

① 初めての方は見学もできます。
② 障害福祉サービス受給者証に支給決定されていない場合は、ご相談ください。
③ 当事業所と利用契約を結びます。
④ ご利用月の前月10日までにご予約ください。
⑤ 前月28日までに、ご予約に対してお返事します。
⑥ 緊急でお困りの方はご相談ください。
⑦ その他、詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ

住所:〒661-0043 尼崎市武庫元町2丁目14番3号
電話:072-770-3940  FAX:072-744-6450
建物:3階建の2階が短期入所と日中一時支援のスペースです。
エレベーターはなく、2階に上がる手段は階段か昇降機(いす型)です。
開所曜日:月曜日(夕方)〜木曜日(午前)
(現在、職員体制が不十分なため、開所日を上記のように制限しています。)
問い合わせ先:法人事務所(06-6436-0402)大野まで
緊急時及び夜間・休日(080-6218-0408大野)


2F キッチン

2F バスルーム

2F リビング

2F 2F 北部屋

2F 昇降機(いす型)
連絡先 〒661-0043
兵庫県尼崎市武庫元町2丁目14番3号
TEL:072-770-3940 FAX:072-744-6450
生活介護事業所竹の子の里
(生活介護)

成り立ち

竹の子の里は1999年4月に小規模作業所として開所しました。2009年に社会福祉法人ヴィ・リールの一員となり、活動を行っています。現在、尼崎市南武庫之荘に居を構え、重度の身体障害を持つ仲間たちが、毎日通える生活介護事業所として活動しています。

名前の由来

「竹の子の里」という名の由来は、地域に根ざし、多くの仲間とともに、竹の子のようにすくすくと伸びていくことを願ってつけられました。

作業

作業は多岐にわたり、紙漉き商品、陶芸、七宝焼き、つまみ細工、クリスマス商品等があります。利用者さんは時には作り手、時にはデザイナーとして作業に勤しんでいます。個性豊かな商品は、一品物として誕生しています。


リース作り

つまみ細工

販売

販売活動は、他事業所と合同で行ったり、バザーなど地域のイベントで販売しています。カフェアルクやジャム・ルガでもスペースの一部をお借りして販売を行っています。最近ではネットショップを開設し、より多くの人に知ってもらおうと頑張っています。


カフェアルク販売コーナー

イベント販売

ショップサイト:Minne
作家名:タケノサトコ

イベント

季節ごとに外出で色々な場所にお出かけしています。行先はみんなで話し合い、決めています。買い物に行ったり、時にはバーベキューをしたり、節目にはご家族と一緒に一泊旅行にも出かけています。


庭でキャンプ

料理教室

夜のお出かけ
竹の子の里 商品紹介

しめ飾り

つまみ細工

再生和紙

陶芸

七宝焼き

Xmasリース

「竹の子の里」の商品が紹介されています。

連絡先 〒661-0033
兵庫県尼崎市南武庫之荘4丁目7−13
TEL & FAX:06-6437-2928
前生活介護事業所アルク
(生活介護)

成り立ち

アルクはフランス語で“かけはし”という意味があります。地域の“かけはし”、人と人との“かけはし”になれる事を目指して「アルク」はできました。

どんなに重い障害があっても
「働きたい」「遊びたい」「自由でありたい」
「つながりたい」「人間として生きたい」

そんなあたり前の人生を過ごすことを私たちは選びました。

お仕事

菓子づくり

平飼い卵やきび糖等、身体に優しい素材にこだわり、シフォンケーキやクッキー、フルーツケーキを作っています。シフォンケーキはメレンゲ仕立てで、ふっくらとても上品な味に焼き上がっています。アルクの看板お菓子です。


粉ふるいは美味しさのコツ。

メレンゲがシフォンの要!

シフォンが焼き上がりました!

さをり織

一人ひとりが彩り豊かな色の糸を選び、個性的な織りを作っています。織った布地は反物として販売したり、三角ポーチやベスト等を商品として販売しています。


毎日コツコツ…仕上がりが楽しみ♪

縦糸作りは細かくて大変!

宣伝

地域の方々にアルクのことを知っていただく為に一カ月のメニューや行事のお知らせを配布しています。カフェに地域の催しや行事のポスター等を掲示して地域との繋がりをもっています。


今月のカフェメニューをお持ちしました

3月のポスターはお雛様♪

2020年の夏を元気に!

課外活動

一年に一回課外活動で芋ほりやいちご狩り等、外出をしてリフレッシュできる日を設けています。


芋ほり

イチゴ狩り
アルク 商品紹介

プレミアムシフォンケーキ

クッキー

さをり織商品

さをり織のマフラー
ベスト・ひざ掛け

インスタグラムも見てね!
 
連絡先 〒661-0043
兵庫県尼崎市武庫元町2丁目14番3号
TEL:06-6434-1839 FAX:06-6434-1840
旧生活介護事業所アルク ジャム・ルガ
(製品販売所)

店名

店名のジャム・ルガの意味はインドネシア語で「ジャム」(時間)・「ルガ」(ほっとする)の造語で、来てくれた人たちみんなにほっとする時間を過ごして欲しい、そんな想いが込められています。

成り立ち

学校を卒業し医療的ケアのある方たちの働く場所がほしい、でもなかなか見つからない・・・。
重い障害があっても仲間と一緒に地域で働きたい!!そんな気持ちでいっぱいのお店です。

コンセプト

ジャム・ルガ(生活介護事業所アルク、製品販売所)は、


「バリアフリーなコミュニケーションの場を」

をコンセプトに世界各国の雑貨(アクセサリー、小物、衣類等)を扱っているお店です。
障害を持つ者と介助者たちで運営・接客をしています。


いらっしゃい

手書き看板

店内

車椅子のままで入れて、小さなお子様も安心のベット付のお手洗いがあります。少し疲れたら、休めるようにお店の中にはベッドスペースもあります。


ディスプレイ中

店内ディスプレイ

課外活動・仕入れ

仕入れで大阪船場に買い付けに行ったり、レクリエーションでは、忘年会やUSJ、水族館など外出を楽しんでます。


外部販売

外出

商品

仕入れた商品や、手作り商品を店内にて販売しています。
商品は世界各国の雑貨(アクセサリー、小物、衣類等)をはじめ、他の事業所さんとのコラボ商品や、委託販売も行っています。
電子マネー、クレジットにも対応しています。


バリ雑貨

ポップ作り

レジ対応
連絡先 〒661-0043
兵庫県尼崎市武庫元町2丁目14番3号
TEL & FAX:06-6436-1115
前生活介護事業所カラフル
(生活介護)

成り立ち

生活介護カラフルは2014年の9月に開所しました。〈十人十色、いろいろな人がいていいね。〉と言う想いから『カラフル』という名前をつけ、活動が始まりました。

作業 ―染め―

開所当初から『染め』をカラフルの仕事として取り組んでいます。タイダイ染め、草木染めの色合いや柄が、仲間たちの一生懸命な気持ちや、あたたかい雰囲気の中でより一層カラフルらしい布に仕上がります。 そして染めた布は仲間たちの想いをのせて、世界に一つだけの商品、ポーチやバッグなどのカラフルな小物たちに生まれかわります。活動は染めが中心ですが、販売に向けての仕事にも取り組んでいます。


染めの模様付け

アイロンがけ

型取り

草木染の出来上がり待ち

レクリエーション

楽しみの時間としてレクリエーションや散歩なども取り入れています。
仕事以外の時間ではリラックスして過ごせることが多いので、仲間たちの良い表情がたくさん見られます。
楽しい時間になると、つい写真を撮りたくなる職員がたくさんいるので、いつの間にか笑顔の写真や面白い写真であふれています。


ボーリング大会

毎月のお買い物ウィーク

わなげ大会

入浴

入浴の必要な方には入浴支援もあります。(要相談)

日常

毎日、仲間も職員も一緒に活動を作りだしていくので、段取りよくいく時もあれば、うまくいかない事もあります。うまく出来たときにはみんなで喜び、そうでない時は次の経験につなげながら、いつも仲間の笑顔がいっぱいのカラフルです。仲間の生活スタイル・体調等にあわせながら、それぞれの想いを大切に、そして仕事や活動を通してみんなが生き生きと過ごせる場所になる事を目指しています。活動の一つ一つを、仲間を支えてくださる方や、ご家族の想いを受け、感謝をしながら毎日を大事に過ごしています。


浴衣でモデル気分!

カフェアルクでXmasランチ
カラフル 商品紹介

カラフルの小物たち

キャラメルポーチ

商品販売中
連絡先 〒661-0043
兵庫県尼崎市武庫元町2丁目14番3号
TEL:072-770-3940 FAX:072-744-6450
ヴィ・リール生活支援センター ケアホーム(グリーン)
(共同生活援助)

成り立ち

家族と離れていても、安心して、豊かな生活が送りたいという願いの元、ケアホーム【グリーン】は2009年4月に開所しました。
通称名は法人のイメージカラーの【淡いグリーン】にちなんで名づけられました。

想い

【グリーン】は利用者さんにとってホッとできる住まいです。一人がいいときは自室で過ごし、みんなと一緒に居たいときは、リビングでテレビを見たり、音楽を聴いたり、時には散歩に行ったり…みんなでゆったりした時間を過ごすこともあります。


「ほっとできる場所」

私たちが大切にしたい想いです。

日課

利用者さんは皆さんお仕事をしています。
平日は朝起床後に健康チェックをしてから朝食。その後身支度をして仕事に向かいます。仕事から帰ると又健康チェックをして入浴、着替えてから夕食をとり、あとはそれぞれの過ごし方でほっとしてから、就寝となります。

休日

休日には、電車やバスなどを利用してヘルパーさんと外出をしたり、ケアホーム内で利用者さんと職員も交じってのお誕生日会や、ホームパーティー等のイベントを楽しみます。時にはボーリング外出や朝食バイキングなど、余暇の活動を一緒に相談して決めたりもします。

健康管理

健康管理は重要です。 【グリーン】では管理栄養士が作ったメニューを元に、調理専門に派遣された方が、施設内で調理しています。そのため毎日おいしく栄養バランスの取れた食事が提供でています。
時には希望に合わせてお酒やジュース、お菓子なども楽しめます。利用者さんにとって食事は日々の楽しみの一つです。
また、もし体調がわるく感じたときは、医師・看護師との相談を行います。必要に応じて病院への付き添いを行うことで、安心安全な生活を支援しています。

大切にしていくこと

職員も生活を共にしていく仲間として、それぞれの思いに耳を傾け、色んな立場に立って考え、時には相談しながら、一人ひとりの暮らしを大切にしていきたいと思っています。


室内写真

お食事

芋ほりイベント
連絡先 〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘8丁目13−4 ステージアトマト102
TEL & FAX:06-6436-0406
相談支援事業所ヴィ・リール
(特定相談支援・障害児相談支援)

相談支援事業所ヴィ・リール

特定相談支援・障害児相談支援の事業所指定を受けています。

相談支援事業所ってどんなことをするの?

障害福祉サービスや障害児通所サービスなどをご利用になるときに、サービス利用計画を作成します。
「したいことがあるけどどうしたらいいかわからない。」
「入浴を手伝って欲しい。」
「家族の体調が悪いので誰か手伝って欲しい。」
「放課後や休日を楽しく過ごしたい。」
「将来のことを考えたい。」
「わが子がどのように療育が必要か一緒に考えてほしい。」
等々困ったことやご希望をうかがって、より自分らしく、充実して、暮らしていくために必要なことを一緒に考えます。

相談の流れ

詳しくお話をお聞きし、状況を整理します。
困りごとや今後の生活意向をご本人(ご家族)と一緒に考えます。
必要に応じて福祉サービス利用の申請を支援します。
福祉サービスを利用する場合は、サービス等利用登録が必要となります。サービス等利用計画は当事業所で作成いたします
定期的に利用状況の確認(モニタリング)を行い、必要に応じてサービスの内容を変更できます。

☆相談支援専門員
植田裕子、大野八代美、目次順子、松永貴久美

連絡先 〒661-0043
兵庫県尼崎市武庫元町2丁目14番3号
TEL:06-6436-0402 FAX:06-6436-0432

お問合せ、ご相談はお気軽に

受付時間 月曜から金曜 10:00〜18:00

06-6436-0402